クレカ現金化業者の安心・安全の基準って何よ?

クレカ現金化業者の安心・安全の基準って何よ?

人間として生きている以上は求め続けなければならない収入とお金。

 

これは人間が人間らしく生きる為の先人たちが築いてきた歴史の中で我々は生かされています。

 

・・・大分壮大なテーマになりそうですが、クレカ現金化もその様な需要から生まれた資金調達策として今現在までに業者が存在しています。

 

相談する相手が居なければ応じてくれるところも無い・・・いくら注意喚起されているページでも解決に結びつく打開策の紹介は皆無。

 

お金が無いと困るのはいつの時代だって性別や年齢に関わらず悩みの種ですよね。

 

当サイトタイトルのように、検索したときに安心安全をアピールする為か店名にこういう言葉を取り入れている業者が確認されますが、あくまで事業者が自己主張しているだけに過ぎずその本質は実際に換金をしてみなければ分からないのが実情です。

 

そうです、結局何を信じて実行するのは全て自己責任です。

 

換金を達成する事が出来たとしても、業者が安全安心と言ってもそれを信じた事の責任はクレカの利用規約に反する行為で有る為に利用後におけるトラブルも自分に返ってくるのです。

 

そんなクレカ現金化も一昔前と比べて圧倒的に業者の数が減ったと思いきや、Amazonギフト券Eメールタイプの買取に鞍替えしたグループや、その媒介物を仲介する市場を営む者が現れるなど多様化しつつあります。

 

全てはこうした換金目的の決済方法を肯定する事から申し込みまでに至る導線が引かれておりますので、良い事ばかり記述された情報ばかりが目に焼き付く傾向に有りますが、隠された換金に伴う副産物であるリスクを把握することで、店員の説明と照らし合わせながら手続きが行えます。

 

クレカ現金化の要点

 

それはどのような手段にしても利用検討先のお店違いに関わらず、基本的には申込みをする側の意思で手続きが進む事になりますので、キャンセルが出来ないという事は有りません。

 

現状としては換金する事の違法性を利用者側が問われる実例は有りませんので、場合によっては今がチャンスと捉えている方もいらっしゃるのではないでしょうか?しかも業者の数は全盛期と比べて減っているのですから比較しやすい状況にあります。

 

特に誰もがこうした情報を発信しようとすれば簡単に出来る時代ですから、意図的に申込みを誘うような文章をこれでもか、というくらい見かけますので少々疑って掛かるくらいが良いでしょう。

 

換金して得たお金をどう使うのかは己次第ですが、くれぐれも来る引き落とし日にはキッチリと支払う計画を立てて申込みをしてください。

お金を持っていない人は、ギャンブルや浪費で使い果たしてお金がない場合と、無職で生活費がない場合とに分かれる場合があります。

 

無職でお金がない人も増えていて、そうした社会情勢は今後も続くことから特定層に対するクレジットカード現金化の需要について考察しました。

 

無職でも工夫すればお金が借りられるようになっている

 

同じ無職でも学生や専業主婦は、仕事をしていないという意味では、「無職」に分類されることがあります。

 

実際、アルバイトやパートの仕事をしていない場合は、無収入ですからキャッシングどころか、クレジットカードも申し込めない場合があります。

 

つまり、何も仕事がなくても、収入がない人は無職とされてしまいますが、最近ではキャッシングやクレジットカードも、無職であっても利用できるようになっています。

 

しかし、あくまでも、少額資金の貸し出しに限られており、収入の少ない人ほどお金を借りたいから一心で、金策の需要があるわけです。

 

キャッシングやクレジットカードをすでに持っているケース

 

無職になる前にしっかりと正社員として働いていた場合は、クレジットカードやキャッシングも一枚くらいは持っているはずです。

 

そうしたカードは、会社を辞めた後もしっかりと年会費の支払いや返済があれば、きちんと支払を続けておきましょう。

 

そうすれば、いざというときにお金が借りられるだけではなく、クレジットカード現金化に利用できます。

 

年収の審査は有効期限の時期や、ショッピング枠やキャッシング枠の増額のときにしかないため、急に利用限度額を切り下げられることはありませんが、返済という御約束事は必ず守る事。

 

換金目的で利用したと自分で言わない

 

無職で新たにキャッシングの申し込みができなくても、クレジットカードは急に利用停止にはなりません。

 

クレジットカード現金化は、商品を買っただけで、お金を工面した形跡が分かりにくいとされており、クレジットカード現金化を利用したことは信用情報に登録されることはありません。

 

郵便物や在籍確認の電話もないとなれば、需要が高まるのも当然なのです。

 

まとめ

 

無職でもクレジットカードを作ることができる時代です。

 

学生や主婦でも作れますし、会社勤めをしていた時代にクレジットカードを作っていた人は、そのまま利用できます。

 

クレジットカード現金化は、普段使うような感じで簡単で有る事が無職の方に対する需要に応えています。

続きを読む≫ 2015/11/27 13:41:27 2015年11月

クレカ現金化という取引を知るキッカケは、報道で知るかクレカを所有してから気付くか、金策を探している延長で見つけるかのいずれかになることが予測されます。

 

今までの人生を思い返していただきましても、幼少期から青年期に到るまでにこんな事を教えてくれる方なんてまずいらっしゃいませんよね?余程困っている人か士業の方、または関連するサービスに携わっている方ぐらいしか詳細を知っていることはないでしょう。

 

ネットがこれだけ発展しているので、誰もが調べ発信できる仕組みを悪用し、悪徳まがいの運営を行う業者についても検索する事で有る程度予測出来ますが、クレカ現金化という特殊なサービス内容は目的を同じ換金としながらもお店の数が有り過ぎると感じます。

 

実際に比較サイトで広告枠の販売を募っているところも有り、この経緯で業者が掲載されていると考えると何を比較対象にしてランキング付・掲載基準としているのか謎になってしまいますから、その理由について書き込みが有るか無いかでも信頼度はかなり変わってきます。

 

しかし、これら全ての情報は自分でも無く他人が自分たちの主観基準で発信、掲載しているのですから利用者に注意を促しているというよりも、スポンサーの為にいかにしてクレカ現金化を利用して貰えるよう誘導出来るかがカギとなっているはずです。

 

ネットで発信される情報に耐性が無く、全てを受け入れてしまうような人間ではこのような思惑に負けて、結果的に悪徳業者に捕まったとしても情報を発信する運営者がクレカ現金化をしている訳でも無いので責任が問われるようなコトは有りません。

 

その為にあらゆる方法で申込みをさせようとする為に、無料で投稿できるプレスリリースサービスや掲示板を用いて誘導しているケースが見受けられますが、多くの場合で内容が薄くバナーが貼ってあるだけという事も見かけます。

 

クレカ現金化で何を優良として何を悪徳とするのかは、もう自分自身が最終的に判断するほか無く、有益な比較サイトと認める事も自分の判断が必要となりますが、これは発信されているコンテンツを見れば一目瞭然のことと思います。

 

基本的に消費者の立場として出来ることの最大限の努力として、比較サイトでの情報仕入れ・店員と話してみて実際の情報を確認すること・・・これくらいしか無いと思います。

 

それでも本来であれば申込みをしない方が良いと言う事はお忘れにならないでください・・・正規の貸金業者でも無ければ自身の経済状況について問われるコトも有りませんので使い過ぎにはご注意ください。

続きを読む≫ 2015/10/30 18:18:30

皆さんは貯金をされていますか?私はつい最近になって貯金を覚えました(笑)。

 

高校生のころからアルバイトをして自分で自動車教習所代を支払い運転免許証を取得、さらに約100万円を貯めたことが有りますが、どれも進学や就職に向けた準備金としての目的がありましたし、実家はお世辞にも裕福とは言えない家庭で常にお金が無いと子供に漏らされていたことも有り、子供ながらとにかくお金を貯めなきゃと必死になっていました。

 

卒業後に全て無くなることも分かっていたので、貯金という感覚が当時は無く、社会に出てからも若年者がいただくお給料は決して高くありませんし、高校生の頃には支払い義務が生じなかった税金や保険料などの支払いが増えたことも有り、昔よりも貧乏という謎の感覚に陥りました。

 

実家にいたころは食費も家賃も両親が支払ってくれていたので、アルバイトで得たお金を丸々に近い金額をそのまま貯金に回す事が出来たのですが、親元を離れてからは誰もがそういうワケにはいきませんよね?収入は限られているのですから、出費をどう抑えるかは自分のハンドル次第。

 

当時はクレカを所有しておらず、その後パチンコを覚え始めた同時期にたまたま発行しクレカ現金化に到った経緯が有りますが、利用してから気付いた事として我慢する事の大切さを学びました。

 

人と他人を比較し自分を責めても何も解決はしない、クレカ現金化を利用した後もどこか劣等感を感じながら生活を送っていましたが、自分がどのように生きたいのか決められるのは自分しかいません。

 

私自身はクレカ現金化に伴って発生した手数料は良い勉強代と考えています。

 

何でも器用にこなせる人では有りませんので、一度最底辺まで落ちたり身と心をもって体感しなければ変わらないタイプですから、私と似た方もいらっしゃるのかもしれませんが、今クレカ現金化を検討している人は利用しないという選択肢が残されている・・・これを是非第一前提として考えていただきたい。

 

自動販売機やコンビニの利用を控える、食事や住居を会社が面倒を見てくれる制度があるのであれば甘える、変に見栄を張らない、人と比較しない、欲しいモノ・贅沢の為の出費では無く現実を取るなど、まるで修行僧の生活ですが収入が安定しない・少ないという悩みに対しては、我慢するか仕事を変えるかのどちらかしかありません。

 

夢の為に仕事を選んだ方も、目の前の現実から諦めざるを得ない方もいることと思いますが、私もその一人であり、また違う関わり方を探すことも人生ではないでしょうか。

続きを読む≫ 2015/10/30 17:13:30

実際に利用した方の口コミと思われる情報を実際に照会しようと、掲載されているクレカ現金化業者に問合せをしてみると相違があるのでは無いか?と、少々疑ってしまう内容を確認することがあります。

 

これは初心者に限らず、既存業者からより良いお店を探されている経験者の両者ともに遭遇しやすいことですが、かと言って口コミや情報を知らずにいきなり乗り換えても仕方ありません。

 

掲載されている情報は本当なのかどうかなんて、実際に体験しなければ心の底から感じることが出来ないと思いませんか?それを他人に依存するなんてちょっと性格の悪い話ではないでしょうか?まあかと言って書くことも無くなってしまいますので、当サイトで実際に買取型のクレカ現金化業者に申込みをしてみました。

  1. まずは、メールでから
  2. 何しろ初めて利用するお店に一歩踏み入れる緊張感はハンパなものではありません・・・しかし返答は電話してくれの一点張り。

     

  3. 電話応対
  4. 指示通り電話すると物腰の柔らかい男性が対応してくれましたが、サービスに対する詳細やリスクについての説明は簡素で比較サイトによくある長ったらしい話など一切ありませんでした。

     

  5. 本人確認作業
  6. 言われるがままに必要な書類関連をメールでやり取り、他のお客さんがいるのかその後連絡が取れたのは約2時間後・・・表記ではめちゃくちゃ早い様な印象がありましたが、絶対的な保証はないようです。

     

  7. 初回入金確認
  8. 買取の仕組みの為、決済完了後に半分が振り込まれましたが、後日自宅に届く商品を送り返すことで残りの金額を振込みしますよというもので、ああ即日って嘘なんだなと決済完了後に知らされる最悪な対応ですが、なぜか物腰だけは柔らかい対応に気力を奪われる。

     

  9. 商品が到着
  10. そのまま送り返してと言われましたが、一回買った物なんだから見てみたいものですよね?発泡スチロールに包まれた物はなんとCD-ROM・・・・中身は従業員たちがバカンスで過ごしたのか南国の風景のオンパレードですよ・・・嫌になっちゃいますな・・・。

     

  11. その後
  12. 何度もメールや電話をしても返事を寄こさない、結局残りが振り込まれたのは2週間後・・・挙句の果てには「また利用しますか?」という謎の営業トーク・・・・後々発覚した事ですが、有名な悪徳業者のお店だったようです。

 

これは今もなお営業しているお店で、今は媒介物も変わっているようですが良い経験をさせていただきました。

 

悪徳業者の手口や動向について調べるキッカケとなったからです。

続きを読む≫ 2015/10/29 14:59:29

未成年の方もお金が無い状況は辛いですよね。

 

真っ当な意見としては学生ならしっかり勉強に集中しなさい、社会に出たならば働きなさいという意見が普通の考え方ですが、この若者たちの世間知らずな見識を悪用してクレカ現金化業者から広告報酬を受け取ろうとしている比較サイトが存在します。

  • 「●●←地域名 + クレカ現金化」
  • 「審査が甘い + クレカ現金化」
  • 「ブラックでも借りれる+ クレカ現金化」

などなど。

 

上記はあくまでも同一運営者によるタイトル付で、その実際の内容はどれもクレカ現金化業者に誘導させるための広告文となっており、審査は無いしキャッシングでもないクレカ現金化に、あえて金融的なキーワードを付けて、実際にお金に困った方が検索しそうなキーワードを付けて記事を投稿している様子が確認できます。

 

そもそもこの取引を知っていれば借りれるなどの表現で検索しませんが、何が何だか分からないけどお金が作れる→じゃあ貸金業者なのかという誤った解釈をしがちであり、こうした情報を発信することは難しいですがお金に困った状況についての立場は誰にでも考えられることであります。

 

インターネットを検索目的に利用している方が多い中で、逆にそのページを発信する者の数は誰が考えても多くはありません。

 

発信者至上主義、とも言えますが、この縮図が有る以上はステマやメディア、広告という分野がいつの時代も力を握っている事が理解できると思います。

 

特に日本人は平和ボケしていると言いますか、与えられた情報をすぐに信じ込んでしまう性質が有りながら世界で有数のネット社会大国であり、消費者保護の観点が本来であれば中立的立場でなければいけない関連団体も過保護であると言われており、国によっては騙される方が悪いという意識が根付いているところもあるくらいです。

 

だから良い悪いと言う事では無く、一人一人が情報端末機を持っている時代ですからその内容を精査する責任が各々に有ると言う事なんです。

 

未成年者も大人も同様の条件で情報を取得できるのですから、大人と同じような適切な判断力を未成年者に求めることは難しいですよね?しかも悪徳な情報法を流している上記の比較サイト運営者を例えに言いますと、申込みさえしてくれれば報酬が入るわけですから、業者で利用しようが断られようがトラブルになろうが、どれも関係ないというスタンスであることを理解してください。

続きを読む≫ 2015/10/29 13:50:29

もうクレカ現金化を行った後に当記事を閲覧している方は、既に時すでに遅し、かもしれません。

 

換金される前に他の金策方法は試されましたでしょうか?もし何もせずにこの方法を実行したとするのであれば、貴方は本来利用しなくても済んだかもしれないのです。

 

他の方法って何?という方の為に、私が考えられる範囲では御座いますがご紹介致します。

  1. 消費者金融
  2. もちろん「闇」の方は利用しないでくださいね!

     

  3. 金融機関からの融資
  4. 銀行系・ローンと言われるタイプです。

     

  5. 行政機関からの援助・融資
  6. 実は本当に困っている人に対して条件を基に融資している行政機関があります。

     

  7. 身内からの援助
  8. 最も気の知れた縁ではないでしょうか?色々言われますが借りる側からすると一番リスクが無いかと。

     

  9. 知人からの借金
  10. 金の切れ目が縁の切れ目にならないように、出来れば避けたいところ。

     

  11. 日払いバイトで労働力の換金
  12. 最も真っ当な金策であり、仕事の有難味を感じる清々しさは気持ちが良いです。

 

クレカ現金化した後、上記の方法について模索しても気付いたタイミングが遅くなればなるほどに経済環境は悪化しやすくなる傾向になります。

 

換金前にこのような方法で工面することができれば、クレカを利用しなくて済みます。

 

インターネット上で確認されるサービスに関連する情報の多くが肯定することを前提に発信されるものであり、メリットと評価される項目を検証する運営者は決して多くはありません。

 

その為、何かを記述する際は予めタイトルを決めてから記述致しますので内容が一辺倒に陥りやすいのは仕方が無い事です。

 

それでも終始換金する事をオススメすることはナンセンスであり、メリットに潜む影を説明が無い情報を信頼してはなりません。

 

日頃から金銭感覚のバランスに問題が無い方はこうした"気付き"が出来ると思いますが、特に貯金をする事に対して意識が低い方は病気とも言えるくらい狂った感覚を正すことは容易では有りません。

 

考え得る方法が全てダメ、それで初めてクレカ現金化という選択肢を比較検討する順番が最も正しいのではないか考えられ、もしくは換金をせずに債務整理は自己破産をすることも視野に入れてください。

 

思いの外、選択の幅は有りませんし、自分自身が抱える問題ですからどの方法を実行するのかを他人に委ねる事は出来ません。

続きを読む≫ 2015/10/28 15:40:28

魅力溢れる広告文が並ぶのは、クレカ現金化だけでなく他の金策を事業として展開しているお店の全てに言えることです。

 

表向きは金券ショップだけどやっていることはクレカ現金化という実店舗型の業者は実は珍しくなく、以前業者に強盗が入った時もリアルタイムでテレビのニュースを眺めていましたが、外観の看板はバッチリとクレカ現金化と書いてあったのに店の説明はあくまでも金券ショップでした。

 

これはお店がこのような事業をやっていながら、普段は批判の対象としていた報道各社がお店の関係者一人も捕まらなかったことによって、批判も肯定もする事が出来ない非常にデリケートな事件だと感じました。

 

普段ならクレカ現金化業者が逮捕されました、なんて晒すんですけどね(笑)

 

当サイトはクレカ現金化が史上最高の選択肢であると推奨する事は有りませんが、この事件をキッカケによりこの取引が合法の範囲内で媒介物が取引されていれば問題が無いという裏付けにもなったような気がしており、これまで批判的な意見をすべて覆す事が出来る既成事実にもなったと思いました。

 

それでも過去を振り返ると逮捕された者は還元・買取に関係なく、商品取引が合法の範囲で行われていなかったことによる裏付けが取れたコトで、物的証拠や利用者からのクレームや被害届などが合致して踏み切っているものと私は勝手に考えておりますが、消費者を騙すような接客対応で無い限り余程起こり得るようなことでは無いとも思いますが。

 

今現在でも、実際のクレカ現金化経験者と見られる口コミが、比較サイトを通して確認をする事が有りますが、やはり上記に既述したように利用者を騙す手口で利益を貪っている者は少なからずいるような状況です。

 

悪徳業者の手口としては、利用者をいかに騙して換金率を低くするか、または振り込ま無い、面倒な手順を省いて振込だけに集中したいのか、手順やリスクに関する説明が真っ当な対応では無い店員をチラホラと確認できます。

 

これはもう実際に自分たちで電話して問い合わせるほか確認のしようが有りません。

 

それでも、そうした業者は比較サイトの中で優良の扱いで掲載されている事がありますが、その比較サイトの情報が適当で内容が薄く、良い事しか書き綴っていないことを見れば、明らかにステマとして認識する事が出来るはずであり、消費者も何も防衛策が無いとは限りません。

 

ただWEBに関する知識があまり少ない方は、こうした情報に躍らせれてしまう傾向に有りますので、どんな業者や店員においても誠実な説明をする店員がいるところにしてください。

続きを読む≫ 2015/10/25 20:16:25

皆さんはクレカを何枚所有されていますでしょうか?日本の総人口数以上に発行枚数があると言われており、一人当たり約3枚以上とも言われているのですが発行する会社はそれ以上、ましてやVISA/JCB/MASTER/AMEXなどの国際ブランドまで含めた組み合わせを考えると、とても一人ではコンプリートすることは出来ないでしょう。

 

中には大学の在校生とOBにしか申込みが出来ないものだったり、社員限定で発行しているタイプまであります。

 

その中でクレカ現金化業者が嫌うタイプが存在する事はご存知でしょうか?ひょっとしたら利用を断られた経験のある方も多いかもしれません。

 

まるでそのタイプを所有している事が悪いかのような書き方をしますが、これはあくまでも換金を目的にした観点からの記述であり、それだけセキュリティがしっかりしているという証でもありますので大事にこれからも利用していただければと思います。

 

それでは比較的利用が厳しいと言われるクレカを各比較サイトから情報を集めましたので箇条書きにします。

  • TS3
  • AMEX
  • ダイナース
  • シティ

上記の名称が比較サイトから確認が出来ましたが、これは従来型の仕組みで営業されている業者、キャッシュバックや買取型のように決済代行会社との契約が絡んでいる可能性もありますので、該当するクレカを所有している方はAmazonギフト券現金化を選択すれば換金の可能性は残されています。

 

世界的企業ですから、それだけ信頼の証といいますか、彼らと提携を嫌がる企業などいるはずもありません・・・しかし、利用明細に商品を購入した事は掲載されますから、支払いが滞ればセキュリティがばっちしなクレカですから、その追い込みもしっかりされているのではないでしょうか。

 

例に挙げたモノの共通事項としては、ブランドという見方よりも発行元の会社による違いが大きな影響を感じさせます。

 

各事業者が決済手数料として差っ引かれる手数料は国際ブランドの違いにより変動するのですが、代行会社各社の料率表示を見てみますと大きな数字の差はありません。

 

しかし、中にはそのブランドの違いによって換金率を下げようとする、つまり口実をつくる為の"ネタ"として利用されている悪徳業者も存在しますが、当然そのような話題を振られた際は思い切ってこうした既成事実を口撃するとタジタジになってしまうかもしれませんね。

続きを読む≫ 2015/10/18 21:16:18

勘違いされている方が多い事多い事・・・クレカ現金化とはお金を貸し出すところと見間違える人が後を絶たないようです。

 

しかし、クレカ現金化業者や比較サイトの中にはこの取引を紹介する説明文の中で欠かすことのできない広告文ですが、その中で審査不要という文字があったり、キャッシングと比べるような記述が有る事から特に初心者は誤解を招きやすいことはしょうがないとも言えます。

 

それでも意図的に消費者金融と同じ扱いで掲載している情報もありますが、これは業者が意図していない露出で広告報酬を目的とした悪意ある運営者による広告ですから、そこの掲載されている全ての内容は信用しない事を強く推奨します。

 

例えば以下の例が信用に到らない比較サイトの特徴です。

  • 未成年でも利用できるという
  • まず不可能で、比較サイト運営者の戯言に過ぎず買取型においては古物商の兼ね合いで原則的に出来ません。

  • クレカがあればOK
  • 残高が無ければという説明が足らない事が多く、比較サイトに書いてあったことを希望に申込みをしても無駄です。

クレカを利用するということで、決済売上は確かに業者に渡る事になりますが、その過程として、クレカ会社→国際ブランド→決済代行会社→業者という具合に何社も介入します。

 

より詳しく書くと複雑になってしまうので、大まかな流れとして理解していただければと思いますが、根本的にショッピング枠を利用しますので、普段のお買い物においてクレカを利用する事って融資を受ける事ですか?違いますよね。

 

その感覚でお金を手にする事が出来る感覚として考えればなぜクレカなのか、「持っていなければ・残高が無ければ」という理由にも納得が出来ませんか?返済は業者に対して立て替えてくれた発行元に対して支払いをするので、取り立てや催促が業者から通知されるコトは有りませんので、通常のクレカの利用方法と何ら変わりなく換金が出来ます。

 

だから利用後の方が怖いのがこのサービスの本質で、支払いが出来ない、最初から踏み倒す気持ちで利用をする事は故意による放棄と見なされ詐欺罪が成立すると言われています。

 

もともとの経済力から算出される与信枠の上限金額ですが、利用して貰わなければ発行元の利益になりませんので、会社によっては多少多めに設定されるコトもあるようですが、20歳を超えたいい大人なのですから自己管理は自分でやらなければなりません。

続きを読む≫ 2015/10/18 17:18:18

なぜかクレカ現金化業者では急な資金策に是非お使いくださいということをアピールされていますが、実は世間には意外にも調達方法は多岐に存在します。

 

人に頭を下げて救いの手を求める事は、比較検討者は既にこれを経由した上でアレコレと考えていらっしゃると思いますが、結局その他の手段を求めるということは、第三者を介すことになります。

 

その一例がクレカ現金化になるかと存じますが、この方法を一度調べ始めますと迷宮に入り込むように申し込みへ促される導線に惹かれてしまう事が多々あります。

 

これはほかの方法を紹介したり、金策の選択肢を増やす以上のコトは全く無く、クレカ現金化が最高の方法であるかのように印象付けさせていると過言では無いくらいの謳い文句が並んでいます。

 

特に自作自演で口コミや無料投稿型掲示板に書き込みを店員さんがしている事も多く、それをやらざるを得ない業界の狭さと言いますか執着の強さ、ずる賢いとでも言うのでしょうか、それだけ色んな意味で頭の回転が早い方が営業しているのあれば、他の分野でその力を発揮された方が社会にも良い事だと思いますが・・・。

 

仕事であるから致し方無いのかもしれませんが、消費者としてみればより良い方法があるのであればそちらも比較検討したいと考えるのが普通ですよね。

 

実はクレカ現金化業者が紹介してしまっては立場が無い、より良い金策方法はいくつか存在します。

  • 士業の方に相談し、債務整理を行う
  • 何か策を講じるよりも、今の収入の範囲内で返していくことを目指す方にオススメで、減額や支払い期限に関する妥協案などを見出す事が出来ますし、最悪破産手続きをする事も出来ますが、手軽に行えるようなコトでは有りませんのでしっかりと相談をしてください。

     

  • 総量規制の影響が無い銀行系カードローン
  • 最もベターとなりつつある正規の貸金業者で、従来の消費者金融が金融機関の傘下に収まったコトで総量規制の影響を強行突破していますが、審査もそれなりに厳しい事が予想されます。

ほかにも、置かれた環境によっては行政が支援してくれるサービスもありますが、微々たる金額になりますので自分の足で自立して生活する事を基本的な目的として提供されていますので、それを一生受給する事も出来ませんし、多額を受け取る事も出来ません。

 

事の発端はほかでも無く自分自身の身から出た錆で有る事は自覚しなければなりません。

続きを読む≫ 2015/10/16 19:31:16