2015年11月

お金を持っていない人は、ギャンブルや浪費で使い果たしてお金がない場合と、無職で生活費がない場合とに分かれる場合があります。

 

無職でお金がない人も増えていて、そうした社会情勢は今後も続くことから特定層に対するクレジットカード現金化の需要について考察しました。

 

無職でも工夫すればお金が借りられるようになっている

 

同じ無職でも学生や専業主婦は、仕事をしていないという意味では、「無職」に分類されることがあります。

 

実際、アルバイトやパートの仕事をしていない場合は、無収入ですからキャッシングどころか、クレジットカードも申し込めない場合があります。

 

つまり、何も仕事がなくても、収入がない人は無職とされてしまいますが、最近ではキャッシングやクレジットカードも、無職であっても利用できるようになっています。

 

しかし、あくまでも、少額資金の貸し出しに限られており、収入の少ない人ほどお金を借りたいから一心で、金策の需要があるわけです。

 

キャッシングやクレジットカードをすでに持っているケース

 

無職になる前にしっかりと正社員として働いていた場合は、クレジットカードやキャッシングも一枚くらいは持っているはずです。

 

そうしたカードは、会社を辞めた後もしっかりと年会費の支払いや返済があれば、きちんと支払を続けておきましょう。

 

そうすれば、いざというときにお金が借りられるだけではなく、クレジットカード現金化に利用できます。

 

年収の審査は有効期限の時期や、ショッピング枠やキャッシング枠の増額のときにしかないため、急に利用限度額を切り下げられることはありませんが、返済という御約束事は必ず守る事。

 

換金目的で利用したと自分で言わない

 

無職で新たにキャッシングの申し込みができなくても、クレジットカードは急に利用停止にはなりません。

 

クレジットカード現金化は、商品を買っただけで、お金を工面した形跡が分かりにくいとされており、クレジットカード現金化を利用したことは信用情報に登録されることはありません。

 

郵便物や在籍確認の電話もないとなれば、需要が高まるのも当然なのです。

 

まとめ

 

無職でもクレジットカードを作ることができる時代です。

 

学生や主婦でも作れますし、会社勤めをしていた時代にクレジットカードを作っていた人は、そのまま利用できます。

 

クレジットカード現金化は、普段使うような感じで簡単で有る事が無職の方に対する需要に応えています。

続きを読む≫ 2015/11/27 13:41:27