Amazonギフト券のクレジットカード現金化は危ない

Amazonギフト券のクレジットカード現金化は危ない

最近になってAmazonギフト券を買取るお店・・・特に増えた気がしませんか?表向きはチケット商・古物営業許可店としているためなのか、リスティング広告の審査を通したり、各種DSP広告に出稿するなど積極的に買取をされているようです。

 

事の始まりは、今は換金市場として名高いamatenの前身であるkonozamaという屋号で運営されていた業者のみが買取を行っていました。

 

その業者が新たに誰もがCtoCで取引できる換金市場をオープンさせ、ギフティッシュやアマオクのようにそれを真似て市場が一気に拡大し、これまで従来から営業していたクレジットカード現金化業者も媒介物の一環でAmazonギフト券を取り扱う事が増えていき、現在までに至っております。

 

通常であれば贈呈目的で利用されるはずの商品が、換金性の高い商品としての認知が広まりつつある中で、市場で出品数や額面を確認する事が出来ますが明らかに個人が取引するような金額では無いアカウントが多い事多い事!

 

おそらくはクレジットカード現金化業者が買い取ったコードを換金する為に作成されたアカウント、もしくは時として同じく流行中である電子マネー・ギフト券を用いた詐欺集団の決済手段としても利用されている傾向が報道からも読み取る事ができ、現に換金市場の金融機関口座が凍結される事態にまでなっています。

 

この事実は事業者側からのお知らせでは無く、利用者がWEB上で口コミされたコトで明るみに出ましたが、運営元はあくまでもシステムトラブルだとして首を縦に振る事はしないようです。

 

実際にそのような動きを察知してか、出品者の数が激減しつつあります。

 

かれこれここ数年の間で起こった出来事ですので、これからの公安や社会からの指摘の的となる日も近い事が予想され、さらに掘り下げた内容を知る為には実際に利用して見たり経路を考察するなど、素人の目では判断が出来ません。

 

古物営業許可を取得して健全性をアピールしていますが、取引の目的が換金である以上、上手く誤魔化したつもりでも分かる人には分かるのではないでしょうか?こうした換金市場における古物営業許可の有無に関しては、無くても営業できるとする業者まで存在しています。

 

これについて明確な答えを吐き出した情報サイトや公的機関の見解は有りませんが、クレジットカード現金化の新興勢力・あらゆる詐欺の決済手段となっている既成事実のフラグが立っている事、そのリスクも未知数であるコトを理解してください。