断捨離こそが、貨幣社会における窮地を救う唯一の手立て

断捨離こそが、貨幣社会における窮地を救う唯一の手立て

皆さんは貯金をされていますか?私はつい最近になって貯金を覚えました(笑)。

 

高校生のころからアルバイトをして自分で自動車教習所代を支払い運転免許証を取得、さらに約100万円を貯めたことが有りますが、どれも進学や就職に向けた準備金としての目的がありましたし、実家はお世辞にも裕福とは言えない家庭で常にお金が無いと子供に漏らされていたことも有り、子供ながらとにかくお金を貯めなきゃと必死になっていました。

 

卒業後に全て無くなることも分かっていたので、貯金という感覚が当時は無く、社会に出てからも若年者がいただくお給料は決して高くありませんし、高校生の頃には支払い義務が生じなかった税金や保険料などの支払いが増えたことも有り、昔よりも貧乏という謎の感覚に陥りました。

 

実家にいたころは食費も家賃も両親が支払ってくれていたので、アルバイトで得たお金を丸々に近い金額をそのまま貯金に回す事が出来たのですが、親元を離れてからは誰もがそういうワケにはいきませんよね?収入は限られているのですから、出費をどう抑えるかは自分のハンドル次第。

 

当時はクレジットカードを所有しておらず、その後パチンコを覚え始めた同時期にたまたま発行しクレジットカード現金化に到った経緯が有りますが、利用してから気付いた事として我慢する事の大切さを学びました。

 

人と他人を比較し自分を責めても何も解決はしない、クレジットカード現金化を利用した後もどこか劣等感を感じながら生活を送っていましたが、自分がどのように生きたいのか決められるのは自分しかいません。

 

私自身はクレジットカード現金化に伴って発生した手数料は良い勉強代と考えています。

 

何でも器用にこなせる人では有りませんので、一度最底辺まで落ちたり身と心をもって体感しなければ変わらないタイプですから、私と似た方もいらっしゃるのかもしれませんが、今クレジットカード現金化を検討している人は利用しないという選択肢が残されている・・・これを是非第一前提として考えていただきたい。

 

自動販売機やコンビニの利用を控える、食事や住居を会社が面倒を見てくれる制度があるのであれば甘える、変に見栄を張らない、人と比較しない、欲しいモノ・贅沢の為の出費では無く現実を取るなど、まるで修行僧の生活ですが収入が安定しない・少ないという悩みに対しては、我慢するか仕事を変えるかのどちらかしかありません。

 

夢の為に仕事を選んだ方も、目の前の現実から諦めざるを得ない方もいることと思いますが、私もその一人であり、また違う関わり方を探すことも人生ではないでしょうか。