クレジットカード現金化はジョーカー的存在

クレジットカード現金化はジョーカー的存在

もうクレジットカード現金化を行った後に当記事を閲覧している方は、既に時すでに遅し、かもしれません。

 

換金される前に他の金策方法は試されましたでしょうか?もし何もせずにこの方法を実行したとするのであれば、貴方は本来利用しなくても済んだかもしれないのです。

 

他の方法って何?という方の為に、私が考えられる範囲では御座いますがご紹介致します。

  1. 消費者金融
  2. もちろん「闇」の方は利用しないでくださいね!

     

  3. 金融機関からの融資
  4. 銀行系・ローンと言われるタイプです。

     

  5. 行政機関からの援助・融資
  6. 実は本当に困っている人に対して条件を基に融資している行政機関があります。

     

  7. 身内からの援助
  8. 最も気の知れた縁ではないでしょうか?色々言われますが借りる側からすると一番リスクが無いかと。

     

  9. 知人からの借金
  10. 金の切れ目が縁の切れ目にならないように、出来れば避けたいところ。

     

  11. 日払いバイトで労働力の換金
  12. 最も真っ当な金策であり、仕事の有難味を感じる清々しさは気持ちが良いです。

クレジットカード現金化した後、上記の方法について模索しても気付いたタイミングが遅くなればなるほどに経済環境は悪化しやすくなる傾向になります。

 

換金前にこのような方法で工面することができれば、クレジットカードを利用しなくて済みます。

 

インターネット上で確認されるサービスに関連する情報の多くが肯定することを前提に発信されるものであり、メリットと評価される項目を検証する運営者は決して多くはありません。

 

その為、何かを記述する際は予めタイトルを決めてから記述致しますので内容が一辺倒に陥りやすいのは仕方が無い事です。

 

それでも終始換金する事をオススメすることはナンセンスであり、メリットに潜む影を説明が無い情報を信頼してはなりません。

 

日頃から金銭感覚のバランスに問題が無い方はこうした"気付き"が出来ると思いますが、特に貯金をする事に対して意識が低い方は病気とも言えるくらい狂った感覚を正すことは容易では有りません。

 

考え得る方法が全てダメ、それで初めてクレジットカード現金化という選択肢を比較検討する順番が最も正しいのではないか考えられ、もしくは換金をせずに債務整理は自己破産をすることも視野に入れてください。

 

思いの外、選択の幅は有りませんし、自分自身が抱える問題ですからどの方法を実行するのかを他人に委ねる事は出来ません。