クレジットカード現金化業者の取引内容を確認してください

クレジットカード現金化業者の取引内容を確認してください

魅力溢れる広告文が並ぶのは、クレジットカード現金化だけでなく他の金策を事業として展開しているお店の全てに言えることです。

 

表向きは金券ショップだけどやっていることはクレジットカード現金化という実店舗型の業者は実は珍しくなく、以前業者に強盗が入った時もリアルタイムでテレビのニュースを眺めていましたが、外観の看板はバッチリとクレジットカード現金化と書いてあったのに店の説明はあくまでも金券ショップでした。

 

これはお店がこのような事業をやっていながら、普段は批判の対象としていた報道各社がお店の関係者一人も捕まらなかったことによって、批判も肯定もする事が出来ない非常にデリケートな事件だと感じました。

 

普段ならクレジットカード現金化業者が逮捕されました、なんて晒すんですけどね(笑)

 

当サイトはクレジットカード現金化が史上最高の選択肢であると推奨する事は有りませんが、この事件をキッカケによりこの取引が合法の範囲内で媒介物が取引されていれば問題が無いという裏付けにもなったような気がしており、これまで批判的な意見をすべて覆す事が出来る既成事実にもなったと思いました。

 

それでも過去を振り返ると逮捕された者は還元・買取に関係なく、商品取引が合法の範囲で行われていなかったことによる裏付けが取れたコトで、物的証拠や利用者からのクレームや被害届などが合致して踏み切っているものと私は勝手に考えておりますが、消費者を騙すような接客対応で無い限り余程起こり得るようなことでは無いとも思いますが。

 

今現在でも、実際のクレジットカード現金化経験者と見られる口コミが、比較サイトを通して確認をする事が有りますが、やはり上記に既述したように利用者を騙す手口で利益を貪っている者は少なからずいるような状況です。

 

悪徳業者の手口としては、利用者をいかに騙して換金率を低くするか、または振り込ま無い、面倒な手順を省いて振込だけに集中したいのか、手順やリスクに関する説明が真っ当な対応では無い店員をチラホラと確認できます。

 

これはもう実際に自分たちで電話して問い合わせるほか確認のしようが有りません。

 

それでも、そうした業者は比較サイトの中で優良の扱いで掲載されている事がありますが、その比較サイトの情報が適当で内容が薄く、良い事しか書き綴っていないことを見れば、明らかにステマとして認識する事が出来るはずであり、消費者も何も防衛策が無いとは限りません。

 

ただWEBに関する知識があまり少ない方は、こうした情報に躍らせれてしまう傾向に有りますので、どんな業者や店員においても誠実な説明をする店員がいるところにしてください。