クレジットカード現金化をする際に敬遠したいブランドとは

クレジットカード現金化をする際に敬遠したいブランドとは

皆さんはクレジットカードを何枚所有されていますでしょうか?日本の総人口数以上に発行枚数があると言われており、一人当たり約3枚以上とも言われているのですが発行する会社はそれ以上、ましてやVISA/JCB/MASTER/AMEXなどの国際ブランドまで含めた組み合わせを考えると、とても一人ではコンプリートすることは出来ないでしょう。

 

中には大学の在校生とOBにしか申込みが出来ないものだったり、社員限定で発行しているタイプまであります。

 

その中でクレジットカード現金化業者が嫌うタイプが存在する事はご存知でしょうか?ひょっとしたら利用を断られた経験のある方も多いかもしれません。

 

まるでそのタイプを所有している事が悪いかのような書き方をしますが、これはあくまでも換金を目的にした観点からの記述であり、それだけセキュリティがしっかりしているという証でもありますので大事にこれからも利用していただければと思います。

 

それでは比較的利用が厳しいと言われるクレジットカードを各比較サイトから情報を集めましたので箇条書きにします。

  • TS3
  • AMEX
  • ダイナース
  • シティ

上記の名称が比較サイトから確認が出来ましたが、これは従来型の仕組みで営業されている業者、キャッシュバックや買取型のように決済代行会社との契約が絡んでいる可能性もありますので、該当するクレジットカードを所有している方はAmazonギフト券現金化を選択すれば換金の可能性は残されています。

 

世界的企業ですから、それだけ信頼の証といいますか、彼らと提携を嫌がる企業などいるはずもありません・・・しかし、利用明細に商品を購入した事は掲載されますから、支払いが滞ればセキュリティがばっちしなクレジットカードですから、その追い込みもしっかりされているのではないでしょうか。

 

例に挙げたモノの共通事項としては、ブランドという見方よりも発行元の会社による違いが大きな影響を感じさせます。

 

各事業者が決済手数料として差っ引かれる手数料は国際ブランドの違いにより変動するのですが、代行会社各社の料率表示を見てみますと大きな数字の差はありません。

 

しかし、中にはそのブランドの違いによって換金率を下げようとする、つまり口実をつくる為の"ネタ"として利用されている悪徳業者も存在しますが、当然そのような話題を振られた際は思い切ってこうした既成事実を口撃するとタジタジになってしまうかもしれませんね。