自己破産における住宅ローンと奨学金について

自己破産における住宅ローンと奨学金について

債務整理の方法のひとつである自己破産なのですが、自己破産するにあたって住宅ローンや奨学金が気がかりだという方も多いのではないでしょうか。

 

住宅ローンも奨学金も今の時代であれば、誰もが抱えているものといっていいでしょう。

 

ここでは、自己破産における住宅ローンと奨学金についてお話ししていきたいと思います

 

自己破産したら住宅ローンはどうなる?

 

住まいは人生におけるもっとも大きな買い物であると言われます。

 

そのため、多くの方が住宅ローンを利用するわけなのですが、その住宅ローンがまだ残っているという方もいることでしょう。

 

こういう場合、自己破産をするとどうなるのでしょうか。

 

自己破産においては、住宅ローンも借金のひとつとしてカウントされます。

 

つまり、免責の対象となるのです。自己破産によって住宅ローンの返済義務もなくなるわけなのですが、返済されなくなれば住宅は売却されてしまうことになります。

 

住宅ローンを完済していればその住まいは自分のものですが、住宅ローンの返済途中ということであればその住まいはまだ自分のものではないのです。

 

抵当権がついていますので、住宅ローンの返済がなくなれば、その住まいは売却されることになるのです。

 

自己破産で住宅ローンからも解放されるのですが、同時にその住まいも手放すことになるのです。

 

自己破産したら奨学金はどうなる?

 

何かを話題になっている奨学金なのですが、利用している方も多いかと思います。

 

自己破産において、奨学金も借金のひとつとしてカウントされることになります。

 

つまり、自己破産で奨学金がチャラになるのです。

 

返済義務のない奨学金であれば自己破産とは関係ないのですが、返済義務のある奨学金は自己破産と対象となります。

 

ただ、奨学金において注意しておきたいのが保証人の存在です。

 

というのも、保証人を必要とする奨学金が多いのです。

 

この保証人が連帯保証人となっている場合、自己破産することによって保証人に迷惑をかけることになります。

 

場合によっては、連帯保証人自身も自己破産をしなければいけないような状況になるかもしれません。

 

奨学金に保証人がいる場合には、その保証人に自己破産することを事前にしっかりと相談しておくようにしましょう。