債務整理のひとつである自己破産

債務整理のひとつである自己破産

債務整理にもいろいろな方法があるのですが、その中でももっとも有名なのが自己破産でしょう。

 

「債務整理=自己破産」と思っている方もいるかもしれません。

 

しかしながら、自己破産という名前を知っているものの、詳しい内容まではわかっていないという方も多いかと思います。

 

ここでは、債務整理のひとつである自己破産についてお話していきましょう。

 

債務整理の方法の中でももっともよく知られている方法である自己破産なのですが、そもそも自己破産というのはどういうものなのでしょうか。

 

自己破産というのは、多重債務に陥ってしまった方のための救済制度です。

 

多重債務というのは、複数の金融機関から借金をしており、その返済が困難になっている状態です。

 

自己破産というのは、そういった状態になっている方を救済するために国が作った制度なのです。

 

自己破産では裁判所を通しておこなわれることになります。そのため、手続きは思っている以上に大変です。

 

自己破産では裁判所から借金を免責してもらうことによって、借金の免除してもらうことができます。

 

借金がゼロになるのですが、債務整理の中でもまさに最終手段となる方法です。

 

そのため、裁判所での手続きも厳しくなりますし、手続き後にもいろいろな制限を受けることになります。

 

自己破産に向いている方

借金問題を抱えている方にとって債務整理というのは最終手段です。

 

その最終手段である債務整理の中でも、さらに最終手段とされているのが自己破産です。自己破産というのは簡単に選択すべきものではありません。

 

借金を返済してはまた借り・・・という自転車操業になっている場合や価値のある財産を持っていない場合、病気などで返済が困難になっている場合、自己破産以外の債務整理では借金問題が解決できない場合などには、自己破産をするしかないでしょう。

 

逆に言えば、ここまでの状態になっていないのであれば自己破産を選択する必要はありません。

 

自己破産以外の債務整理の方法も検討できるでしょうし、場合によっては債務整理をしなくてもどうにかなるという可能性もあります。

 

債務整理の中でも特に自己破産は気軽に考えるべきものではありません。

 

他に方法があるなら、自己破産以外の方法を検討するようにしましょう。