クレジットカード現金化は借金や融資では無い

クレジットカード現金化は借金や融資では無い

勘違いされている方が多い事多い事・・・クレジットカード現金化とはお金を貸し出すところと見間違える人が後を絶たないようです。

 

しかし、クレジットカード現金化業者や比較サイトの中にはこの取引を紹介する説明文の中で欠かすことのできない広告文ですが、その中で審査不要という文字があったり、キャッシングと比べるような記述が有る事から特に初心者は誤解を招きやすいことはしょうがないとも言えます。

 

それでも意図的に消費者金融と同じ扱いで掲載している情報もありますが、これは業者が意図していない露出で広告報酬を目的とした悪意ある運営者による広告ですから、そこの掲載されている全ての内容は信用しない事を強く推奨します。

 

例えば以下の例が信用に到らない比較サイトの特徴です。

  • 未成年でも利用できるという
  • まず不可能で、比較サイト運営者の戯言に過ぎず買取型においては古物商の兼ね合いで原則的に出来ません。

  • クレジットカードがあればOK
  • 残高が無ければという説明が足らない事が多く、比較サイトに書いてあったことを希望に申込みをしても無駄です。

クレジットカードを利用するということで、決済売上は確かに業者に渡る事になりますが、その過程として、クレジットカード会社→国際ブランド→決済代行会社→業者という具合に何社も介入します。

 

より詳しく書くと複雑になってしまうので、大まかな流れとして理解していただければと思いますが、根本的にショッピング枠を利用しますので、普段のお買い物においてクレジットカードを利用する事って融資を受ける事ですか?違いますよね。

 

その感覚でお金を手にする事が出来る感覚として考えればなぜクレジットカードなのか、「持っていなければ・残高が無ければ」という理由にも納得が出来ませんか?返済は業者に対して立て替えてくれた発行元に対して支払いをするので、取り立てや催促が業者から通知されるコトは有りませんので、通常のクレジットカードの利用方法と何ら変わりなく換金が出来ます。

 

だから利用後の方が怖いのがこのサービスの本質で、支払いが出来ない、最初から踏み倒す気持ちで利用をする事は故意による放棄と見なされ詐欺罪が成立すると言われています。

 

もともとの経済力から算出される与信枠の上限金額ですが、利用して貰わなければ発行元の利益になりませんので、会社によっては多少多めに設定されるコトもあるようですが、20歳を超えたいい大人なのですから自己管理は自分でやらなければなりません。